高いアンテナと
バランス意識が、
彼の成長スピードに
つながっています。

総合職(営業職)

2016年新卒入社/尾﨑 智隆

INTERVIEW

INTRODUCTION

2016年新卒入社。立命館大学経済学部出身。いつも冴え渡るトークで、お客様の心をつかみ営業成績を伸ばしている尾﨑さん。チームメンバーや同期の間でも、その場の雰囲気作りがとてもうまく、彼の側ではいつも笑い声が。関西の血筋か、時には笑いに対して厳しいツッコミを入れるときもありますが(笑)それも含めて彼の魅力なのでしょうね。そういった尾﨑さんですが、繊細なバランス感覚の持ち主です。リーダーシップを取ることができるタイプですが、それについていく人がいるのは、彼の目配りや気配りがあるからで、常にぐいぐい引っ張っていくのではなく、状況に応じて自分は何をすべきか瞬時に判断する能力に長けているからだと思います。

就職活動における企業選びの軸や価値感を教えて下さい。

企業選びの軸や価値感は実は就職活動をする前からほぼ決まってました。
一つは「将来性」という観点から今後マーケットで伸びていく可能性のある業界はなんだろうと考えた時に、やっぱり将来性のあるマーケットはITだろうなと自分の中で判断したので、IT業界を最初から選んでいましたね。あとは、「人」ですね。
好きなことでも一生懸命にやることでも、なんでも当てはまると思いますが、1人で進んで行くことには限界があり、そもそも1人では乗り越えられない壁というのは山ほどあるとこれまでの人生で感じる機会が多くありました。
同じ方向を向く仲間や人がいるからこそ自分のパワーになり、自分の成長にも繋がり、さらに相乗効果で成果を出せるということを野球を通して感じてきたので、お互いに高め合える人が多くいる会社という2軸で就職活動をやっていました。

就職活動を通して感じた
新たな価値感や気付きを教えて下さい。

元々はベンチャー志向が強かったわけではなく、大手から中小企業と幅広く企業を見ていました。
その中で感じたのは、一つの歯車的な組織に身を置くことに、自分の価値感ではありますが、将来的な危機感を感じたこと、また、スタートアップ系のような基盤や組織が出来上がってない環境だと、振り回されることによる障害が多数発生してくるイメージがありましたので、基盤や組織がある程度出来上がっているベンチャー企業に絞っていった感じです。

合同選考会イベントに参加し、
ランキング1位の結果をどう受け止めていますか?

正直、イベントを通して何かしら学ぶ事があるだろうなくらいの気持ちで参加しました(笑)
実際にビジネスゲーム中に感じたことは、参加している学生が「やるべきことにすぐに気付けるタイプなのか」、「全く何をしていいのか分からないタイプなのか」、「分からないからこそできることを考えるタイプなのか」という人達が多くいることに気付きました。
その中で自分が取るべきポジションが「全員を引っ張っていく」ということだとその場で判断し、そのスタンスをビジネスゲーム中に貫いたことが1位という評価を頂けたのかなと思っています。

入社後、営業部に配属されてからの
マインドと現在の課題を教えてください。

入社後は社会の仕組みや業界の仕組みを早く吸収しようと先輩にとにかく聞いて、さらに勉強することを意識してやってきました。
普段心がけていることは「社内、社外関係なく常にアンテナを張って行動すること」「お客さんに良い印象を与え、信頼関係を作ること」ですかね。
現在の課題は営業を通して、解決策の見えない壁やトラブルにぶつかった時に対応する力を身につけることだと思っています。
まだまだ経験が足りないのはもちろん自覚しているので、もっと自己成長できるようにトライしていきたいです。