今の情熱が一番熱い。
自信を支える仲間が
この会社には存在します。

技術職

2017年新卒入社/國吉 達也

INTERVIEW

INTRODUCTION

2017年度新卒内定者。関西学院大学理工学部出身。学生時代はサッカーに夢中なり、技術向上だけでなく、精神的な強さや、集団の中で形成される社会性を培ってきている情熱屋さん。学業においてもサッカーの試合のデータを可視化するヒートマップのプログラムを開発するほどサッカーから多くのものを得ようとする姿勢がとても魅力的です。ITの基礎知識もさることながら、目標とするキャリアパスも志高く、どのような社会経済状況におかれてもあらゆるフィールドで活躍できる人材として、どんなことでも貪欲に経験を積むことを強い信念としています。
また、理論派思考と離れたところで、魅せるファッションや快活なトークでチームを盛り上げるムードメーカー的な存在としても期待されています。

どんな就職活動をしてきましたか?

当時の私は就職活動についてあまり深く考えていませんでした。自分ならきっとうまくいく、そう過信していましたが、大学の研究室で大学院生の先輩と過ごしていくうちに考え方が変わってきました。その先輩方は将来に対する考え、またその為に何をすべきなのかを明確に持っていました。院生の先輩とはいえ、同じ就職活動のステージに立ったときに、明らかに自分よりも高いレベルで考えているライバルになり得ることを考えると、自分も行動に移さないといけないと思い立ち、インターンシップや就活イベントなどに積極的に参加するようになりました。その過程で、自分の考え方だけではなく、様々な人の考えを吸収できたことが就職活動の基盤になりました。
活動内容としては、ベンチャー企業は考えていませんでした。バリストライドグループと出会うまでは大手企業を中心に就職活動をしてきました。しかし、話を聞いていくうちに本当に自分が選ぶべき会社はこういう会社ではないかと思うようになりました。

バリストライドグループの面接はどんな印象でしたか?

面接の雰囲気はとてもフランクで、選考されているという実感がなかったです。かえって不安になるほど雑談ばかりの時もありましたし、キャリアパスについて熱心に相談に乗って頂いたり、会社のビジョンを語ってくださったり、熱くて泣きそうになる場面もありました(笑)
自分の就職先に対する価値観を変えてくれるきっかけになったと感じています。私は面接から身近に会社の雰囲気や人事の方々の人柄を感じることができたのでよかったと思っています。

その内定者研修や懇親会の雰囲気はどうでしたか?

懇親会ではたくさんの社員の方と話す機会がありました。他の企業の内定をもらっている友人の話を聞くと、同期と仲良くなることはあっても、社員の方々との交流は少ないという話を聞くので、先輩社員の方々の話をたくさん聞けるというのは大きなメリットだと思いました。私が先輩社員の方々と話ができて一番よかったのは、バリストライドグループを選んでよかったという話が聞けた瞬間です。自分の選択肢が本当に正しかったのか不安になる時期でもあったので、研修や懇親会に行ってよかったです。

なぜバリストライドグループに入社を決めたのですか?

私が一番重要視したのは雰囲気と人です。人生の三分の二は働かなければいけないのにも関わらず、それが楽しくないとつまらない人生になってしまうなと感じたので、楽しく働ける会社にしよう!と思ったのが一番のきっかけです。その中でも特に大事なのが社内の雰囲気と人だと思った私は、面接からそれらを身近に感じることができたバリストライドグループにしようと決意しました。